医薬品OEM

改正された呼称が医薬品医療機器等法施工に伴い、製造販売承認制度が導入され、自社の製造所がなくても、医薬品の製造販売承認を得ることが可能になりました。私たちはこれまでの経験を生かし、皆様の製造所としてパートナーシップで受託製造を行います。

一般用医薬品(第2類、第3類)

これまでの経験と最新の知識に基き、丸剤、顆粒剤などさまざまな剤型の医薬品を製造しています。
また、承認も多数所有し、厳格な品質管理のもと、定期的なメンテナンスを行っております。

医薬部外品

近年、需要がどんどん高まっているのが医薬部外品です。効果・効能をアピールできるのが健康食品と一線を画すところです。最近はコンビニエンスストアでもよく見かけるようになりました。

ローション

アクネケア用ローション、育毛用ローションなどを中心に、販売のお手伝いをさせていただきます。

PB品

御社の特徴にあったパッケージでプライベートブランドをご提案し、他社との差別化を図ります。

輸出用医薬品

金沢の金箔を全面コーティングした金粒の丸剤を中心にアジア向丸剤等を製造し、輸出しております。揺るぎない「ジャパンクオリティー」は海外のお客様にも大変喜ばれ、高価なものではありますが、お土産などにも重宝されております。他にトローチ剤、カプセル剤も輸出しています。

 

受託製造体制

皆様のもう一つの工場として
開発・製造・品質管理の一貫生産体制

弊社はGMP工場としての認定を受けております。その経験を生かし、新商品の開発のお手伝い、新商品企画のお手伝い、パッケージデザインの提案なども柔軟に対応致します。開発、製造、品質管理の一貫製造体制により、低コストで高品質の製品を皆様にお届け致します。

 

受託製造の流れ

1.受託先さまからの受託検討依頼
2.受託先さまより製品概要・生産数量の開示
3.機密保持契約書の締結
4.受託先さまより技術資料の開示(技術及び各種制約条件の確認)

5.正式見積もりの提示
6.委受託契約の締結
7.バリデーション
8.受託生産開始

 

お問い合わせ